沿 革

昭和 8年 8月   由利医療購買利用組合開院  
昭和23年 8月 秋田県厚生農業協同組合連合会に移管
昭和29年 9月 本院近代化工事着工
昭和32年 9月 分院結核病棟の一部を改造し、精神科病棟を開設
昭和32年11月 総合病院の名称を得、由利組合総合病院となる
昭和33年 5月 人工心肺導入
昭和35年 3月 アイソトープCo60治療装置を設置
昭和39年 5月 夜間進学コース付属高等看護学院を設置
昭和41年 3月 分院に精神科病棟完成
  リハビリテーション開設
昭和42年 5月 リハビリテーション施設を中心とする病棟竣工
昭和43年11月 RI検査施設導入
昭和45年 1月 人工透析導入
昭和46年 7月 新館、診療棟、管理棟完成
  包括的地域医学研究所設置
昭和46年 8月 連続撮影装置導入
昭和47年12月 ICU導入
昭和48年 2月 CCU導入
昭和48年 9月 アビオニクス導入
昭和48年10月 高等看護学院及び看護婦宿舎竣工
昭和52年 2月 へき地中核病院の指定
昭和52年 6月 UCGポリグラフ導入
昭和53年11月 CTスキャナー導入
昭和54年 8月 心血管連続撮影装置導入
昭和56年 2月 厚生省臨床研修病院指定
昭和56年 2月 由利看護専門学校(各種学校になる)
昭和57年 4月 心電図自動解析システム導入
昭和59年 8月 トレッドミル導入
昭和62年 1月 レーザー手術装置導入
昭和63年 3月 由利看護専門学校廃校
平成 3年10月 体外衝撃波結石破砕装置導入
平成 4年 6月 移転新築工事着工
平成 6年11月 新病院完成(一般660床、精神60床、感染30床)
平成 7年 9月 訪問看護ステーションを開設
平成 8年12月 災害拠点病院指定
平成 9年11月 日本医療機能評価機構認定病院
平成10年 6月 臓器提供協力施設
平成11年 4月 病床数変更(一般660床、精神60床、感染4床)
平成11年 4月 二種感染症指定医療機関
平成11年 6月 カルテ倉庫竣工
平成12年 4月 指定居宅介護支援事業所を開設
平成12年 4月 国内6例目となる脳死判定による臓器摘出を実施
平成12年 6月 精神科救急地域拠点病院
平成13年12月 国土交通省 重度障害者短期入院協力病院
平成14年10月 病床種別変更(一般554床、療養106床、精神60床、感染4床)
平成14年11月 日本医療機能評価機構認定病院更新
平成15年 4月 病院群輪番制・小児救急医療支援病院
平成17年 7月 オーダリングシステム稼動
平成18年10月 病床種別変更(一般612床、療養48床、精神60床、感染4床)
平成19年 1月 がん診療連携拠点病院指定
平成19年 3月 病床種別変更(一般660床、精神60床、感染4床)
平成19年11月 日本医療機能評価機構認定病院更新
平成20年 1月 精神科救急地域拠点病院指定解除
平成21年 8月 病床種別変更(一般648床、精神60床、感染4床)
平成22年10月 病床種別変更(一般622床、精神60床、感染4床)
平成23年 9月 病床種別変更(一般622床、精神 0床、感染4床)
平成27年 7月 病床種別変更(一般606床、精神 0床、感染4床)