薬剤科(薬局)

 

 薬剤科では、以下の基本理念のもと、他の医療スタッフと情報を共有し、患者様に安全で効果的な薬物療法を受けていただくことを目的に毎日の薬剤業務に取り組んでいます。
薬剤科の基本理念
 1.適正な医薬品使用の推進を図る
 1.チーム医療の一員として質の高い効率的な薬物治療に寄与し、    患者様中心の医療へ貢献する
 1.医療の進歩、高度化に対応すべく自己研鑽に勤める

主な薬剤業務についてご紹介します。

1、調剤業務

主に入院患者さまのお薬を中心に調剤しています。
医師が電子カルテシステムで発行した処方箋をもとに、用法・用量、相互作用(お薬の飲み合わせ)、他科と薬が重なっていないかなどのチェックを行い調剤しています。


2、注射剤調剤業務

  医師の処方箋に基づき、患者さまごとの注射剤の取り揃え、抗がん剤や高カロリー輸液の混合調製などを行っています。その際、投与量・投与間隔、注射剤混合時の配合変化の有無などの確認を行っています。
 混合調製する際は、グリーンベンチや安全キャビネットを用いて無菌的に行っています。


3、薬剤管理指導業務(服薬指導)

 薬剤師が病棟に赴き、入院患者さまが安心して薬物治療を受けられるよう、ベッドサイドでのお薬の説明、薬の効き目の確認、副作用のチェック、お薬の服用状況確認のための残薬チェックなど薬に関する幅広い項目をサポートさせていただきます。あわせて、他医療機関から処方されているお薬との飲み合わせや重複投与のチェックなども行っています。
 病棟では、医師・看護師など病棟にいる他の医療スタッフと連携をはかり、業務を行っています。


 


4、外来化学療法業務

  近年行われる機会が増えた、外来での抗がん剤治療に、医師・看護師などと連携して参画しています。がん薬物療法認定薬剤師を中心に、患者さまごとの投薬歴の管理、投与量・投与間隔の確認、治療内容の説明、副作用の説明と対処法、抗がん剤の調整、レジメンといわれる治療計画の管理などを行っています。


5、院内製剤業務

  患者さまの治療に必要なお薬で、市販されていない軟膏剤、消毒剤、注射剤、坐剤などを調整しています。


6、薬品管理・供給・保存業務

  有効かつ安全な薬物治療のため、購入する医薬品の選定・在庫管理、医薬品保存時の温度・湿度・光線管理、外来や病棟など各部署への医薬品供給と部署に保存されている医薬品の管理などを行っています。


7、医薬品情報業務

  医薬品の安全かつ適正使用のため、各種専門書や各製薬会社の情報、インターネットによる最新の情報などを整理保管し、医師、看護師など医療スタッフへの情報提供や医薬品に関する問い合わせなどに対応しています。また、薬局ニュースを発行し、新規採用医薬品などの情報を病院内の各部署と地域保険調剤薬局へ提供しています。