演題募集要項

会員講演(一般演題、ワークショップ、臨床研修医セッション)について

一般演題、ワークショップ(一部公募)、臨床研修医セッションは、会員講演として公募します。
本学会で発表される演題は、農村医学・予防医学・臨床医学・医療マネジメントを対象とし、発表者(共同研究者も含む)は、正規会員に限ります。会員以外の方は事前に入会して頂きますようお願いいたします。

一般社団法人 日本農村医学会 入会手続きのご案内
URL:http://www.jarm.jp/membership/join_proc.htm
一般社団法人 日本農村医学会 事務局
〒100-6827 東京都千代田区大手町1-3-1
TEL:03-3212-8005 FAX:03-3212-8008
E-mail:nouson-igaku@jarm.jp
  • 一般演題は口頭発表またはポスター発表とします。口頭発表は8分(発表6分・討論2分)、ポスター発表は7分(発表5分、討論2分)を予定しています。
  • 主催者の判断により、一般演題に応募された演題でもワークショップで、あるいはワークショップに応募された演題でも一般演題として発表していただくことがあります。
  • ワークショップは口頭発表とし、進行は座長に一任します。
  • 臨床研修医セッションは口頭発表とします。症例発表を含め、どのような演題でも歓迎します。発表姿勢、内容、視覚資料のわかりやすさ等を総合的に判断して、優秀演題を表彰します。
  • 筆頭発表者は「日本農村医学会医学研究の利益相反(COI)細則」に基づき、規定の書式により、利益相反の有無について申告を義務付けておりますので、入力時に必ず申告してください。「利益相反(COI)の内容」につきましては、学会ホームページをご覧ください。また、発表当日は、すべての筆頭演者の皆様に利益相反状態の有無に関わらず、COIの状況を開示いただきます。

Ⅰ演題の種類

1.一般演題

以下の分類で募集します。大分類(A, B, C)と小分類(1,2,3, …)を選択してください。
一般演題の発表方法は口頭発表またはポスター発表です。主催者の判断により、演題登録時に希望した発表方法と異なる場合があります。あるいはワークショップでの発表をお願いする場合があります。

A.農村医学・予防
1農・林・漁業労働と健康10健康調査・健康教育
2農薬中毒11健康診断・人間ドック
3農業災害12在宅ケア・施設ケア
4人獣共通感染症13地域看護・地域福祉
5農業アレルギー14メンタルヘルスケア
6環境保健・農村公害15ヘルスプロモーション
7生活習慣と健康16農村医学と国際協力
8食の安全/食育17情報管理
9肥満/貧血18その他

B.臨床医学
1循環器疾患16耳鼻咽喉科疾患
2呼吸器疾患17口腔・歯科疾患
3消化器疾患18感染症
4血液疾患19看護
5糖尿病・代謝・内分泌疾患20リハビリテーション
6アレルギー・自己免疫疾患・膠原病21放射線診断・治療
7脳神経疾患22救急・災害医療
8運動器疾患23栄養
9皮膚疾患24臨床工学
10腎・泌尿器疾患25薬剤
11産婦人科疾患26臨床検査
12乳腺疾患27放射線
13小児科疾患28ターミナルケア・緩和ケア
14精神疾患29認知症
15眼科疾患30その他

C.医療マネジメント
1医療倫理7医療安全管理
2患者のQOL8病院運営・管理/施設管理
3地域医療連携9DPC
4臨床研修・教育10患者サービス
5診療情報管理11その他
6クリニカルパス  

2.ワークショップ

以下の演題について募集します。分類(1~5)を選択してください。
ワークショップの発表方法は口頭発表です。
多くの応募を歓迎しますが、応募が集中した場合は一般演題での発表となることもありますので、ご了承ください。

D.ワークショップ
1地域包括ケア病棟の現状と展望
2高齢者ケアと看護提供サービス
3認定看護師のニーズと役割
4チーム医療における多職種連携のあり方
5在宅医療の現状と課題

3.臨床研修医セッション

対象研修医は前期(初期)・後期を問いません。症例発表、研究発表等、どのような演題でも歓迎します。発表方法は口頭発表です。
なお、臨床研修医が一般演題に応募することも可能です。

E.臨床研修医セッション
1循環器疾患16耳鼻咽喉科疾患
2呼吸器疾患17口腔・歯科疾患
3消化器疾患18感染症
4血液疾患19看護
5糖尿病・代謝・内分泌疾患20リハビリテーション
6アレルギー・自己免疫疾患・膠原病 21放射線診断・治療
7脳神経疾患22救急・災害医療
8運動器疾患23栄養
9皮膚疾患24臨床工学
10腎・泌尿器疾患25薬剤
11産婦人科疾患26臨床検査
12乳腺疾患27放射線
13小児科疾患28ターミナルケア・緩和ケア
14精神疾患29認知症
15眼科疾患30その他

Ⅱ発表形式

1. 一般演題(口頭発表)・ワークショップ・臨床研修医セッション

液晶プロジェクターによる口頭発表とします。ビデオによる発表はありません。
発表データは、USBメモリ(Windows限定)でお持ち込みください。それ以外のメディアは受付できません。

《発表について》

PCによるプレゼンテーションは、演台にセットされているモニター、キーボード、マウスを使用し、発表者ご自身で操作してください。

《データ作成について》
  1. 使用OS:Microsoft Windows 7
  2. 使用ソフト:Microsoft Power Point 2010 / 2013
  3. Power Pointのスライドファイル容量:50MB以内
  4. フォントは、Windows標準のものをご使用ください。これ以外のフォントを使用した場合は、文字・段落のずれ、文字化け、表示されないなどトラブルが発生する可能性があります。
  5. 動画等の参照ファイルは、必ずPower Pointのファイルと同じフォルダに入れてお持ちください。動画ファイルはWindows Media Playerで標準再生できるフォーマットのみ受け付けます。
    Macintoshや動画を使用される場合は、システム上対応できない場合がありますので、映像出力端子はD-sub 15pinが備わったご自身のパソコンをお持ちください。
  6. 発表データの受付方法などは、後日、学術総会ホームページに詳細を掲載いたします。

2. 一般演題(ポスター発表)

  1. ポスター展示用に、横90cm、縦210cmのパネルを用意します(下記のサイズです)。
    ご自分の演題番号のパネルに貼付してください。
  2. 「演題・所属・氏名」は、各自で20cm×70cmのサイズで作成してください。
  3. 本文は、印刷した文章や図表・拡大写真を貼る等、工夫してください。
  4. 画鋲は、事務局で準備します。

rieki-aihan1

Ⅲ演題申込方法

インターネットによる申し込みのみとします。第64回日本農村医学会学術総会のホームページ http://www.yuri-hospital.honjo.akita.jp/jarm2015/ にアクセスし、「演題募集」「演題登録」をお読みいただいた上、PASREGの演題登録システムに従って登録してください。申し込み期間中の修正・削除は可能ですが、締め切り後は変更できません。演題受付、演題採用などはE-mailで通知します。
以上の方法が不可能な場合は下記までご相談ください。

第64回日本農村医学会学術総会 運営事務局
株式会社ICSコンベンションデザイン
担当:佐藤
〒101-8449  東京都千代田区猿楽町1-5-18 千代田ビル
TEL 03-3219-3541
FAX 03-3219-3577
E-mail:jarm64-p@ics-inc.co.jp

演題申込期間

演題の採否及びセッションへの割り振りは学会長に一任願います。
講演抄録集を発行します。抄録はJ-STAGEに、登録・公開されます。
演題登録後、24時間以内にE-mailでの演題受領通知が届かない場合は、運営事務局にお問い合わせください。(登録時に入力した連絡者のメールアドレスを再確認してください。)

2015年2月20日(金) 正午 ~ 2015年4月17日(金) 午後5時
→ 2015年4月24日(金) 午後5時まで延長いたしました。

登録上の注意事項

    1. 抄録の文字数は600文字以上800文字以内とします。キーワードを3つ以内で登録してください。詳しくは第64回日本農村医学会学術総会ホームページ上の「演題募集」「演題登録」をお読みください。また、抄録の構成および倫理的配慮について以下をご確認頂くようお願いいたします。
      1. 抄録は、原則、以下の構成に則ってください。
        • 緒言(はじめに,まえがき)…研究の目的を明確に記す。
        • 方法(研究方法,調査方法,解析方法,実験方法,等)
        • 結果(研究結果,調査結果,解析結果,実験結果,等)
        • 考察…結果の考察・評価・論述および知見の整理,関連する他の研究の説明。そこから導かれる結論の強調。
        • 結論(むすび)…新知見の要約を含む。
        • ※症例報告の構成:緒言、症例(症例の詳述)、考察、結論
      2. 倫理的配慮のお願い

抄録の内容を再度ご確認いただき、「倫理的配慮」がなされていない個所がないかどうか確認の上、ご登録いただきますようお願いいたします。
<留意事項>

        1. 対象者(代諾者)から研究ならびに発表の承諾を得たこと
        2. 個人が特定されないように配慮していること

          例 年月日は20XX年、イニシャル表記→Aさん、事例Ⅰ等工夫する

        3. 倫理委員会または施設の倫理審査を受けていること

(文例)

      • 本研究の主旨を文章にて説明し、研究参加への同意を確認した。
      • 本研究の主旨、匿名性の保持を口頭にて説明し、研究協力への同意を得た。
      • 対象者の家族に個人情報の保護について説明し、書面にて承諾を得た。
      • 院内の倫理審査の承認を得て、家族及び本人に説明し、文書にて同意を得た。
  1. 図表(GIF、JPG)も登録可能です。(1図表300KB以下、2枚までとします。図表を挿入される場合、本文と図表を調整しA4半ページ(1カラム)以内に収まるようにして下さい。それ以上になると、図表が抄録集に載りきれませんのでご注意ください。)また、図表に使う文字は、ゴシック体は文字がつぶれますので、明朝体にしてください。
  2. 共同研究者は10人までとします。
  3. 登録された施設名で抄録集を作成しますので、下記要領で統一してください。
    1. ○○厚生連△△病院 や 総合病院△△病院 は △△病院 とします。△△総合△△病院 は そのままとします。
    2. 病院以外の場合は、○○県・△△センター や ○○県△△施設 とします。
    3. 病院の場合は、○○病院△△科、○○病院△△科病棟(実病棟名ではなく、診療科名を付した名称)、○○病院△△センター等とします。
    4. 大学の場合は、大学名および講座名とします。講座名の長いものは、簡略化して表記してください。

利益相反(COI)の開示

筆頭発表者のCOI開示は第62回学術総会より実施しており、試行期間2年間が終了し、第64回学術総会より必須となります。
詳細については、本学会ホームページにある「利益相反(COI)」をご覧ください。

    1. 抄録登録時

演題登録時に、今回の発表内容に関連する企業との利害関係の有無を入力してください。利益相反が「有」の場合は、「筆頭発表者のCOI申告書」(様式1)をアップロードしてご記入の上、送信して下さい。

    1. 発表当日

当日は、全ての筆頭演者の皆様に利益相反状態の有無に関わらず、COIの状況を開示いただきます。
口演セッションの場合はスライドの最初に、ポスターセッションの場合はポスターパネルの最後に、所定の様式により開示をお願いします。スライドあるいはポスターで開示する場合の例示につきましては、本学会ホームページ「利益相反(COI)」内にある「利益相反開示のスライド例」をご覧ください。